ヒートスリム42℃

ヒートスリム42℃はいつ貼る

投稿日:

ヒートスリム42℃はいつ貼ればいいの?

ヒートスリム42℃は韓国で開発されたダイエット用のパッチ。カプサイシンが練り込まれているので、ぜい肉のついた部位に貼るだけで脂肪燃焼をサポートしてくれます。

ヒートスリム42℃の説明書によると、その温熱パワーは8時間ほど持続するとのこと。また厚さはたった1ミリですから、非常に貼り心地が良く、違和感も感じにくい構造です。ということで、朝出かける前に貼ってそのまま仕事をしたり、家事をやっている人が多いようです。ニオイもないため、貼っていることを他人に気づかれることもありません。

いくつかの口コミを読むと「運動時に使っている」という人もいるようです。ただ、激しい動きをするとはがれてしまう可能性がありますし、汗のせいで運動後は貼っているのが気持ち悪く感じるかもしれません。

もしかなり汗をかく運動をするのであれば、その数時間前から貼っておき、運動後にはがしてしまうのがおすすめです。

ヒートスリム42℃で代謝の改善を

人の代謝は20歳がピーク。その後は年齢とともに徐々に落ちていきます。「10代20代の頃はいくら食べても痩せてたのに、年を取って太りやすくなってきた」という人が多いのがそのせいです。

減量のためには体脂肪を燃やさなければならないのに、代謝が衰えるとそれが難しくなってしまいます。

では代謝を上げればいい、ということになりますが、最もよい方法は「酵素を摂ること」だといわれています。

酵素というのは、内臓や細胞で身体維持のために行われている色々な活動をサポートしてくれる物質のこと。酵素を摂ることで身体機能は活発化。その結果として代謝が上がり、脂肪が燃焼しやすくなります。

酵素は野菜、フルーツ、肉、魚、そして味噌、納豆、漬物、チーズ、甘酒などの発酵食品にいたるまで、数多くの食べ物に含有されています。

当然、それらによって不足分が補充できる、と思ってしまいますが、酵素は熱に極端に弱く、肉や野菜を加熱調理してしまうとすぐに破壊されてしまい、その効力を失ってしまいます。

ということで、酵素を効果的に摂取するには、生野菜やフルーツを原料にしたサプリメントやドリンクを使うのがいいということになります。

ただそれらを摂取するのが面倒くさいという人には、別の代謝アップの方法があります。

それは体温を上昇させることです。

実は、体温が1度下がると、エネルギー代謝も12%下がってしまうといわれています。

エネルギー代謝というのは、食物から摂取した栄養を、酵素などの働きにより体温維持や運動のためのエネルギーに変えることです。

つまり体温が低くなると、それだけで消費カロリーも下がってしまう、ということ。

人間の体が正常に働くためには、36.5度以上の体温が必要です。もし平熱がこれよりも低い人は、体温が高い人よりも脂肪が溜まりやすいということです。

しかも、このような代謝の悪化は血流にも悪影響を及ぼし、血液によって運ばれる酸素の量が減って、全身に行き渡らなくなってしまいます。

こうして酵素量が足りなくなると消化も悪くなり、吸収される栄養素も減少。そうなると血液がドロドロになり、さらに血流が悪くなります。

こうなると悪循環そのもので、体調も当然悪化、ということに……。

そんな事態を避けるために体温を上昇させるべきなのですが、一体どうやればいいのでしょう?

おすすめしたいのがヒートスリム42℃。パッチに配合されているカプサイシンの効果で体に溜まった脂肪が燃焼され、体温が確実に上がります。

こうして代謝が改善。体質的にダイエットしやすい体を作ってくれるわけです。

-ヒートスリム42℃

Copyright© 『本当に効いた!ヒートスリム42℃の口コミ・効果まとめ』 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.