ヒートスリム42℃

ヒートスリム42℃は痩せないって本当?

更新日:

ダイエットをサポートするヒートスリム42℃

ダイエットに成功
肥満は文明病ともいわれています。

近代的な社会生活を送っていると、ストレスや運動不足で動物的な本能が衰えてしまい、本来は栄養的に必要がないものを際限なく食べてしまいます。そして、その結果ぜい肉がつき、健康を害することになるのです。

その防止には、まず何といっても栄養バランスのとれた食事を規則正しく摂取することが大切。そのことで代謝が活発になり、身体の維持機能も正常になります。

仕事をしていると、あまりの忙しさから朝食を食べず、昼食も適当、夕食だけをドカ食いするということになりがちです。そんな食事の仕方では、太らない方が不思議といえます。

太りすぎが気になるなら、むしろ毎食キチンと食べることを心がけるべきです。

そして、食べた分だけエネルギーを消費することも大切。脂肪を燃焼させるには、適度な運動が欠かせません。

運動をすると、まず最初に糖が消費され、次に脂肪が燃焼します。

脂肪燃焼のためには、脈拍が110くらいになる運動が必要、といわれています。ごく軽いジョギングをするだけでもこの程度の運動にはなります。

その上にさらに脂肪を燃焼したいなら、ダイエット用品を使うのが効果的です。

ヒートスリム42℃なら、ぜい肉の多い部位に貼るだけでカプサイシンが働き、脂肪を燃焼してくれます。

規則正しい食事、適度な運動、そしてヒートスリム42℃で、ダイエットを成功させましょう。

なぜ唐辛子は美容に良いのか?

韓国の女優やアイドルは日本でも人気があり、テレビなどで毎日のように見かけます。

第一印象として「肌がとてもキレイ」と思う人も多いでしょう。

その理由として「食事に多用される唐辛子によって汗をよくかくからだ」という説を唱える人がいます。

確かに韓国料理といえば、キムチやトッポギにしても唐辛子が使用されている印象がありますが、本当に汗によって美肌になれるのでしょうか?

汗の大きな役割のひとつは、皮膚に水分を補給すること。実は汗腺から皮膚の表面に出てきた汗の一部は、汗腺の導管部というところに戻っています。そして、そこから肌の真皮と表皮に吸収されているのです。

また汗には「レシチン」という界面活性剤に似た物質が含まれていて、皮膚表面からも吸収されやすくなっています。

つまり、汗をかく、という現象によって、肌の保湿性は高まるわけです。

ただ、汗の美肌効果はその保湿性だけにあるのではありません。皮膚の油分による潤いが必要です。

ですから、汗腺から汗が流れるだけではなく、皮脂腺から皮脂が出ることが大切。この2つが混ざり合うことで「皮脂膜」が形成され、肌の美しさとなるのです。

そして、韓国料理の場合、この皮脂の分泌を促す材料が使われているのが特徴です。

韓国料理を食べると汗が吹き出るのはもちろん唐辛子の辛さのためなのですが、実は他の辛い食品によって出る汗と、唐辛子による汗とは違いがあります。

唐辛子の辛さ成分は「カプサイシン」。この物質は脳と皮膚に存在する温度受容器のニューロンを直接刺激します。

つまり、通常の発汗の場合は最初に皮膚温のセンサーが優先して反応するのですが、カプサイシンは、皮膚温のセンサーと同時に脳温のセンサーも反応しているのです。

この脳のセンサーが優位に立った場合、副腎からアドレナリンと呼ばれるホルモンの分泌を促します。

このアドレナリンが皮脂の分泌を促し、皮膚に油分を供給します。このことで美肌に理想的な汗と皮脂が出てくるわけです。

ヒートスリム42℃にもこのカプサイシンが使われています。カプサイシンなら、ただダイエットに役立つだけでなく、上記のように美肌効果も期待できます。

-ヒートスリム42℃

Copyright© 『本当に効いた!ヒートスリム42℃の口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.