未分類

ヒートスリム42℃の副作用

更新日:

ヒートスリム42℃のTPEゲルとは?

ヒートスリム42℃のTPEゲルとは?
TPEというのは、「サーモ・プラスチック・エラストマー」の頭文字。

「ゴム」の一種で、ビニールより安全性が高く、シリコンよりも安価という特徴を持ちます。

だから食品の容器をはじめ、医療・美容用に幅広く使われているのです。

実はヒートスリム42℃というのは、TPEをゲル状にしたものに唐辛子の成分として知られるカプサイシンを練り込んだものなのです。

この特殊な作り方によって接着剤を使わずにすみ、肌に直接つけても問題がおこらないわけです。

以上の説明でわかったと思いますが、TPEゲルというのは保湿成分ではありません。ヒートスリム42℃の本体そのものです。

脂肪を分解するのはあくまで練り込まれたカプサイシンのおかげなのです。

ヒートスリム42℃の効果的な使い方

ヒートスリム42℃はお腹周りの全体をおおうほどのサイズになっています。

使う時はフィルムを肌に密着させながら少しずつはがして貼ります。

シートの真ん中は穴が開いているので、その部分がおへそにくるように合わせて下さい。

あとは8時間そのままで過ごせば自然に脂肪を燃やしてくれます。

温熱の持続時間は8時間。頃合いを見てゆっくり剥がして下さい。

貼るだけでも十分ダイエット効果が期待できますが、貼ったまま運動や食事制限をするとさらに効果が上がります。

ただ、もっと早く効果を実感したい人もいますよね。

そんな場合、使用する部位を1日おきに変え、さらに就寝中も貼り続けることをおすすめします。

人は睡眠中に最も代謝があがり、エネルギーを消費します。

特に22時から2時までは成長ホルモンが出ている時間帯。より効果を高めるはずです。

エネルギー消費の盛んな睡眠中なら、ヒートスリム42℃の併用によってさらに代謝が上がり、効果的な脂肪燃焼が可能です。

ヒートスリム42℃がなぜダイエットに役立つのか?

ダイエット成功のカギは、何といっても基礎代謝を高くすることです。

基礎代謝というのは、運動などの激しい行動を取らなくても、ただじっとしているだけで消費されていくエネルギーのこと。

人間は1日あたり1,300〜1,500カロリーを基礎代謝として消費しています。つまりそれくらいのカロリーのある食事を摂っても、基礎代謝がキチンとしていれば太らないわけです。

逆に基礎代謝が落ちてくれば、カロリーをしっかりと消費できず、どんどん脂肪がついてきます。

脂肪を燃焼するために基礎代謝を上昇させようと思ったら、体内の温度を上げていく必要があります。

ヒートスリム42℃がダイエットに効果があるというのは、この温度上昇をサポートしてくれるためです。

しかも気になる部分に貼ればそこだけ体温を上げられるので、とても合理的といえます。

代謝を上げる工夫

体温をアップさせ、新陳代謝を改善するには、筋トレ、ランニング、ヨガなどで体を動かすことが最も効果的。

ただ、そんな運動ができる人はとっくに痩せていますし、ダイエットの苦しみとは無縁でしょう。

でも実はほんの少しの運動でも新陳代謝に大きな差が出てきます。
例えば——

・一駅分を歩いてみる
・オフィスでは、椅子の背もたれを使わない

少しづつでもいいから頑張ってみましょう。

-未分類

Copyright© 『本当に効いた!ヒートスリム42℃の口コミ・効果まとめ』 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.